4.パーティーレポート

Archives

2016.3.12

Ryo & Momoko

こだわり

『これからもよろしく』

挙式の様子
実は挙式の前に新婦様から新郎様へのサプライズをしました。 チャペルの中にはウェディングドレスを着た新婦様ただお一人。 そこへ何も知らない新郎様をお連れします。 ドレス選びにもお付き合い頂き、想像はしていたはずなのに声が出せない新郎様。 新婦様はゆっくりと手紙を読み始めます。 日頃の感謝を綴ったその手紙に、新郎様は思わず涙。 人と人とのつながりを大切にする新婦様。 節目の時には必ず手紙を書いていたそうです。 挙式の中では、ご友人に「立会人」をお願いして、結婚証明書にサインをしてもうことで参加型の挙式を作りあげました。
パーティーの様子
ゲストに楽しんでもらおうと、お二人が選んだウェディンケーキは真っ白な四角いケーキ。 キャンバスに見立ててお越し頂いた皆様にデコレーションしてもらい、この日限りのウェディングケーキを作ってもらいました。 テーブルに挨拶に行く際は、自作のポーズくじを使って。 各テーブルの代表者にくじを引いてもらい、書かれたポーズで写真を撮りました。 どんなポーズが出るのかゲストの皆様はドキドキ、わくわく。 お二人と一緒に楽しい時間を過ごされました。 結婚式には新婦さまが幼少期に妹さんと通っていた造形教室の先生もご参列して下さっていて、先生が即興で絵を描いてくれるという素敵なお祝いもあり大変喜ばれていました。 また、リラックスしてお食事をしてもらえる様にお食事は全てお箸で食べられるものを用意。 お見送りの際にお渡しするプチギフトもお箸を。 結婚式の中で「箸」は対をなすもの、架け橋の意味が込められており縁起物とされています。 実はこの箸にはおふたりからゲストの皆様へのとっておきのメッセージが刻印されていたのでした。
お二人より
私達がディアーデに決めた理由としてとても大きかったのがスタッフの方々の対応です。 結婚式は新郎新婦の力だけでは成り立ちません。 私達、親族、ゲストにも快く笑顔で対応してくれたことが、ディアーデに決めて良かったと思う理由です。 式の準備は確かに大変でしたが、生きている中であんなに特別でキラキラとした素敵な一日を過ごせた事本当に嬉しく思い出すだけで幸せです。
担当プランナーより
Ryoさん Momokoさん いつも横浜から打合せにお越しくださり本当にありがとうございました。 限られた時間の中での準備は本当に大変だったと思います。 それでもいつも笑顔のお二人。 打合せの度に私が元気をもらっていました。 大切な方々にお集まり頂いた結婚式は本当に温かいものです。 余興の際には、お二人はメイン席でたくさんの友人に囲まれて、満面の笑顔を浮かべていました。 その表情を一番近くで見られる、担当プランナーという特権を私に与えてくださって、心の底から感謝しています。 ありがとうございました。 ご実家の群馬にお越しの際は、また素敵な笑顔を見せてくださいね。 これからもよろしくお願いします。
TEL
027-310-7337
平日11:00~20:00(火曜定休) 土・日・祝10:00~20:00

見学予約/資料請求