4.パーティーレポート

Archives

2016.9.10

Noriyuki & Azusa

こだわり

『心に残る結婚式を』

挙式の様子
結婚式は大切な方々が一同に新郎新婦のお2人のために集まってくださる素敵な時間。大切な皆様とだからこそできる式をご希望されていたお2人は、人前式を挙げました。式のはじめ、新郎様はお母様とご入場されました。聖壇の前まで到着すると、新郎様の手には一通のお手紙が。それは、この日まで育ててくださったお母様に宛てた新郎様からの感謝の気持ちが綴られたお手紙でした。新婦様をお嫁さんとして迎え家族が増える前に、今までお母様と新郎様で過ごした日々を振り返り、その全てに感謝していること、そしてこれからもよろしくお願いしますと、まっすぐな想いを伝えました。3人兄妹の末っ子で唯一の女の子として生まれた新婦様。結婚式のお打合せや衣裳合わせに、優しく付き添ってくださっていたお母様。お打合せの中で、大切な娘をお嫁さんとして送ることを、「嬉しくて幸せだけど、ちょっと寂しい日」と話してくださったことがございました。また、「伝えたいことがたくさんあるけれど、結婚式の日に全部伝えるのは胸がいっぱいで」ともお話してくださいました。新婦様が入場される際の、お母様によるベールダウンの儀式では、会話はなくともお母様と新婦様にしかわからない優しい時間が2人を包んでいるような気がしました。
パーティーの様子
大勢のゲストが参列してくださったお2人の結婚式。会場の中で前のお席、中央のお席、後ろのお席、どこにお掛けいただいたとしてもゲストの皆様が一同に「楽しい」そう感じる結婚式、心に残る結婚式をご希望だったお2人。パーティーはじめの入場は、何とゲストの意表をついてキッチンから登場しました。登場の際には、お2人の共通点でもあるキックボクシングのマイグローブを装着し、ゲストを楽しませました。お2人共通のご主賓の方も、2人の為にとパワーポイントを使用してのご挨拶で更に会場を盛り上げてくださいました。そして、この日ゲストの笑いを一気に持っていったのが新婦様。ウェディングドレスを綺麗に着たいと結婚式まで大好きな甘いものを我慢してきました。ケーキ入刀の後のファーストバイトでは、甘いもの解禁ということで新郎様に差し上げる大きなスプーンでの一口を新婦様自らが召し上がり、ゲストの皆様も大笑い。両家のお母様にもサプライズで一口プレゼントするシーンも設け、今まで美味しい料理を作ってくださったことの感謝を伝えました。新郎様の中座シーンでは、キックボクシングの腕前を披露。108回の見事なキック。ゲストからは歓声が上がっていました。再入場のシーンでは、新郎様が新婦様に改めてプロポーズをするシーンがあり、会場が感動に包まれました。全員で参加できるデザートブッフェ、ご友人による心温まる余興など、終始、祝福ムード満載のパーティーとなりました。
お二人より
スタッフみんなが私たちのために一生懸命動いてくださり、ゲストの皆様が喜んでくれました。ありがとうございます。私たちのわがままを「NO」と言わずに受け入れてくれたプランナーさんをはじめ、支配人、ディアーデのスタッフ皆様には本当に感謝いっぱいです。正直、途中でプランナーさんが代わったときは不安でしたが、その不安さえなくなるほど関わってくださった方たちが最高だったので、とっても満足しています。やりたい事が全てできたこと、ディアーデの皆様と出会えたことは私たち2人にとって宝物です。今度2人で遊びに行きます。本当にありがとうございました。
担当プランナーより
この度はご結婚、まことにおめでとうございました。お2人の結婚式をお手伝いすることができ、スタッフ一同とても幸せでした。「打合せに来るのが楽しみ」といつも話してくださった新婦様。私もお2人にお会いできることが、いつも楽しみでした。いつも「こんにちは!!」と元気よくお打合せにお越しくださったAzusaさん。お仕事でいそがしい日々をお過ごしなのに、必ず時間を空けてお打合せにお越しくださったNoriyuiさん。いつもお2人に感謝でした。ゲストの皆様に「楽しんでいただきたい」そんなお2人のご希望を1つでも多く形にすることができておりましたら幸いに思います。また、いつでもご家族皆様で遊びにいらしてくださいませ。皆様の末永い幸せをスタッフ一同願っております。
TEL
027-310-7337
平日11:00~20:00(火曜定休) 土・日・祝10:00~20:00

見学予約/資料請求