4.パーティーレポート

Archives

2016.3.12

Yuji & Yuri

こだわり

『大切な人にありがとう』

挙式の様子
バージンロードを歩く1歩1歩は、花嫁が産まれた日から今日までの道のりを表しています。 その意味をとても大切にされていたお2人は、挙式の入場シーンにこだわりを加えました。 まず、バージンロードを歩む前に、“花嫁の身を守る”という意味を持つベールダウンを、お母様にしていただきました。 「幸せになって」と、そっと新婦様に声をかけるお母様の目には涙が浮かんでいました。 次に、お父様が「さぁ、進もう」と声をかけた瞬間、新婦様が何も言わず、お父様の腕を引き、歩みを止めました。 すると司会からお父様に向けてこんなコメントが入りました。 「お父様、Yuriさんが生まれた日のことを覚えていますか? これから進むバージンロードをご覧ください。」 お父様がバージンロードをまっすぐ注目すると、お父様と新婦様の今日までの思い出の写真がバージンロードに飾られていました。 これは、新婦様からお父様へのサプライズ。 司会のコメントは続きます。 「バージンロードに飾られたお写真は、今日のためにYuriさんが1枚1枚、お父様に内緒でお選びになりました。 選ぶ際、こんなご苦労があったそうです。 お写真を飾ることが決まって、アルバムを開いてみると、お父様と写っているものが少なかったそうです。 何で?と考えた末、答えがわかったそうです。 家族の思い出を写真におさめてくれていたのはお父様だったから。 お父さん、今までありがとう。 それでは、お進みください。」 お父様が目頭をあつくし、上を見上げて涙をこらえるシーンは、ゲスト皆様を感動のシーンと包みました。
パーティーの様子
様々な土地からお客様が参列してくださるということで、お2人が1番大切にされたポイントが、大切な皆様にありがとうを伝えることでした。 また、遠方からお越しいただいた方に「今日ここに来てよかった」と思っていただけるように、お料理やウェディングケーキ、席札には1人1人手書きでメッセージを添え、感謝を伝えました。 中でも、お2人それぞれの出身地、新郎様は岡山、新婦様は群馬のご当地キャラクターをあしらったウェディングケーキは好評でした。 また、新郎様と新郎様のご友人を中心に、新婦様を驚かせようと行ったフラッシュモブは大成功!! 岡山や広島、群馬のご友人、総勢20名様が協力してくださいました。 パーティーの結びには、それぞれの親御様から結婚する新郎新婦様へサプライズのお手紙があり、会場が感動一色となりました。 お開き後は、遠方へお帰りになるゲストの皆様1人1人をお見送りし、今日お越しくださったことへの感謝と、お帰りの際の無事を願いました。
お二人より
遠方から来るゲストが多かったので高崎駅からすぐ近くでアクセスもよく、ゲストの皆様からは配慮が嬉しかったと感想をいただけました。 天気を心配しなくてよい全天候型の会場だったため、フラワーシャワーやブーケトス、ゲストの皆様との集合写真も我慢せず行うことができました。 何よりゲストの皆様から「良い式だった」と言っていただけたことが、とても嬉しかったです。
担当プランナーより
この度はご結婚、誠におめでとうございました。 お仕事と両立しての、たくさんのご準備、本当にありがとうございました。 お2人それぞれで分担して進めていただいた手作りアイテムは、お客様からもとても好評でした。 様々な土地よりゲストの皆様がご参列されるということもあり、細かな部分、例えばお料理の味付けなど、岡山や広島からお越しの方でも美味しく召し上がっていただけるようにシェフと相談し、少し薄味にするなど、お2人の皆様へのお気持ちがとても素敵でした。 両家のお母様とサプライズのお手紙の件で、お電話でお話をさせていただいたことも、私にとってとても幸せな時間でした。 お2人の末永い幸せをスタッフ一同、願っております。 また、ぜひディアーデにも遊びにいらしてください。
TEL
027-310-7337
平日11:00~20:00(火曜定休) 土・日・祝10:00~20:00

見学予約/資料請求